主旨 日本の歴史と伝統文化を後生に伝え、誇り高い日本の真の姿を追求する
-王者之武道-  -武則愛- -武則禊-  -宥恕-
-日本之美- -気品と格調- -悠久の歴史-
原理 一霊四魂三元八力
萬有愛護 生成化育 安心立命
細目
原理 
武産(たけむす)とは禊を表し神との一体を意味する言霊也。真の武道を貫くことを意味する。真の武道合氣道は、無頼の徒が用いる武術(技術)ではない。原始神道を礎とする王者の武道。正義を貫く者が修めるべき武道の真髄。日之本の神は決して人と別の存在ではなく、神人合一を旨とする。一神教のGod等とは全く異なる。武産合氣とは日之本にある神と人の織りなす紡、心・氣・体の一致を経て世を正しい道に導くのがその本願である。
心身共なう美の体現こそ合氣道の目的に他ならず。

趣旨及び指導内容 
丹田力の強化を目的とする呼吸法を基礎に据え、体術(徒手技)及び武器技等を習得します。さらに武産合氣論考によってその技術の源を理解することになります。体術の基礎とも云える武器技には、太刀、二刀及び杖を用い、男性は男性として、女性は女性として美しく、強く、気貴くあるよう導きます。
  一般に合氣道でよく云われる「氣」は、鎮魂を経た丹田力強化によって初めて発動します。縦令どれ程巧みであろうとも術のみでは決して真は得られません。我々は、鎮魂に至る呼吸法と共に体技指導を行い、体術と共に体捌きの礎となる武器技の錬成を行います。剣や杖も体の一部と為すのが大切です。武器技には一刀及び二刀を用いた太刀技(剣術)及び、四尺余の杖を自在に操作する杖術等があります。日頃知り合った者同士の投げ合いに止まらず、真に至るには必ず真剣な体捌きを伴う武器技習得を重んじなければなりません。開祖植芝翁は杖剣を駆使されていたことは良く知られています。
重ねて云えば、技術だけでは道具を手にしたに過ぎません。技術を生かすには何にも動じない心、不動心を養わねばならず、そのためには呼吸法(腹を練る、氣を練る、鎮魂を重ねる)が必要です。進むほどに奥深さを感じます。 武道ゆえ稽古には苦しみも痛みもあり、時にはまだ半ばなのに飽きることさえあります。 しかし、我々は全てを明るく楽しみながら乗り越え、継続可能な武道が武産合氣道であると自負しています。我々の下で合氣道の神髄 武産合氣を楽しんで下さい。

  我々日本人は太古よりこの地にて営々として文化を育んできました。遥かな時の流れの中では昨今のような多少の浮沈はつきものです。人生も同じことです。逆境や不幸を乗り越え、「私は日本人である」と自信と希望を持って語れる人を多く育てたいと思います。合氣道は紛れもなく我々日本人の自信の源の一つです。形而下つまり物の形や力ばかりが先行する世にあって、殊更形而上いわば精神面を重視するのが真の合氣道です。魂魄の武道たる所以はここにあります。形は始まり或いはきっかけに過ぎず、決して終わりでは無いことに心せねばなりません。見ただけで形を真似ることはある程度可能ですが、意味を知らず、また心無くして真の武道は成り立たないことも知らねばなりません。如何なる人もいずれ我々の下で正しい道を知ることでしょう。
  強くなりたい、人を倒したい、自分を変えたい、美しいと思われたい…、老若男女全ての人を受け入れ導く道を模索するのが本来の姿と心得、共に努力を続けています。日々の稽古を通じて、誇り高く、また在るべき日本の姿を求めます。

稽古は基礎から徐々に始め、各期毎の昇給段審査を区切りに、理解を深めていくことになります。
我々に直に接することで合氣道を体感しましょう。誰しも初めてのときはあります。一歩足を踏み入れてみることで、その日から全てが変ることでしょう。
    
入口へ戻る


香川
細目へ
高松の武産合氣会 概要