武産合氣道 稽古次第

準備

一、準備運動

二、受け身 前後 巴受

座り技

三、膝行

        膝行転換

        膝行太刀、及び杖操作

四、座り八方

        八方から各種

立ち技

五、武器

        二刀、太刀、杖

各種型、組手

六、体術

正面手刀打ち、片手双手取り、両手、片手、

          胸取り、突き、後ろ取り、蹴り等 各種組手

座り技

 七、座り呼吸

         呼吸、天地から各種

武産合氣論考

 八、惟神之道

 

清掃

 

    座り技が基本である。まず膝行、座り八方にて丹田力、足腰の鍛錬、足捌きの強化を図る。続いて、立ち技に入るが、武器技の稽古の後、体術(徒手)を稽古する。最後に座り呼吸、時として論考となる。 さらに呼吸法の鍛錬として空手型、 刀を知るため居合術も併用する。
※上記の稽古手順はあくまでも基本型である。合氣道の本領は変幻自在、多敵が普通であるように技の数は万を越え、稽古法も自在である。              武産合氣會 指導部

 

稽古一覧へ

表へ