合気道稽古日誌を始めます

JUGEMテーマ:合気道

 

次回から高松武産合氣會稽古の

稽古日誌を記載します。

 

表記できるのは簡素な内容ですが、

ちょっと覗いてみる感覚でどうぞ。

 

会員の人は

部分的ですが忘備録代わりに使ってください。

 

>たけたま

経費について

武産合氣會への入会に関わる費用は

年齢性別で異なります。

 

入会金:4000〜10000円

月会費:3500〜6000円

但し、各種減免制度有

 

以下は、当会純正品の場合

■道衣 :10000〜14000円

■武器具:8000〜20000円

道衣について、柔道着や合気道衣の持参可能です。

武器具とは木刀2本、杖1本

 

その他、昇級段審査費、演武祈祷料等

 

詳細はホームページの入会要項を参照下さい。

高松武産合氣會

 

 

礼で始まる 礼で終わる

日本の場合、歴史のある武道は一般に神道に結びついています。
合気道はその最たるもので開祖植芝翁の創った「武産合氣」とはそもそも
神の御名に由来しています。
従い、正しく伝える道場では必ず稽古の始まりと終わりに神道に基づいた
礼を行います。
道場において、適当に居並ぶわけではなく、御柱を立てる場所を定め、
神座を設け、常に御前で技を披露する心掛けが大切です。

技の由来

 我々日本人が生み出し受け継いで来た古来の武術・身体操法には
今は失われた(失伝した)技も多数存在しますが、脈々と伝えられ続けている
技(とその体系)があります。
合気道では一般的には、いわゆる体術に終始しますが、体術に繋がる剣術及び杖術を
伝える道場指導者もあります。

合気道の今~1~

 敢え申すまでもありませんが、合気道は日本の武道です。
近年はインターネットを通じて映像が出回るようになりましたので
それなりに知る機会も増えましたが、柔道、剣道、空手など一般的な
近代武道の中では修行者も少ない方です。
一方、修行者の数だけみれば海外の方が日本国内より多く、
中でも米国や仏国が代表的です。しかし、各国の主要な武術に
比べれば圧倒的に少数派です。
このように海外は勿論、日本国内でも少数派であることに
価値があると考えています。

開祖が試合を禁じたこともあって、主要な武道武術の中では
知る人も少なく、それを生み出した我々日本人にとっても
特異な武道武術の一つであると云えます。
合気道は開祖植芝翁の多くの弟子が各々伝えてきた事から
指導者(師範)により特徴があり、何をやるかも
その指導者次第であることがこの武道を特異にしている要因の一つです。
又その多様性がこの武道に深みをもたらす要因ともなっています。
更に我々の先祖が機械力を使えない時代にあって、いかに多様で
洗練された身体術と結びついた武術を発達させていたかを端的に示すものでも
あるのです。

表面上の合気道史は既に氾濫しているので、
ここでは開祖の直弟子である先達やその他の修行者から伝えられた
話と我々が修行の中で悟り得た事などを雑談混じりで
少しずつ綴ってみます。

合気道の随想

合気道について
我々の想いを綴ります。
技(技術)、精神、・・・そして日本について
技と心のありかた、精神、日本について不定期で述べて往きます。
武産合氣會