合気の杖

合気の杖

合気道 杖術 武産合氣會

 

合気道(武産合気道)には得物(武器)を使った技の習熟

初心者の合気杖稽古
合気道を始めたてから杖と太刀の稽古をしっかりやります

が求められ、またそれが合気道の体技の上達に欠かせません。中でも杖(ジョウ)は合気道の特徴をよく表し、開祖植芝盛平翁も好んで嗜まれた合気道技法の王道です。

杖術は武器の基本として剣と共に修練しますが、剣とは違い、向きが無い、つまり刃がないので、どの向きにも使える上に突いても押しても振っても投げても自由自在、心の御柱とするのも容易です。云ってしまえば長さが四尺足らずから~五尺程度の木の棒、まさに杖(ツエ)そのものですから、普段持っていてもあまり違和感がありません。子供用は短くて細いですが、大人用は当然太く長くなります。特に鍛錬用の杖は棍棒といってもいいような太さと重さがあります。

合気の杖 組稽古
武産合氣會の合気杖の中で基本形八方という型の一部

一方、普段持ちにするなら、もっと短い杖にすることも可能で、何でも良いからあればいいという状況でも杖術を習得していれば身体が勝手に動くようになります。

杖を振り回すと豪快な音がしますが、無闇に振り回すわけではありません。杖の型には全て意味があります。突くと、下手な正拳突きよりもはるかに威力のある凶器にもなりますし、急所突きにも効果的。相手の手足に絡めて絡め取りの技とすることも容易です。杖対杖を始めとして、杖対太刀(剣)、杖取、杖掛等の各種技法を学びます。級位段位ごとに覚える技、深めて修める技があり、体術と結びつけながら、共に習得して往くのが楽しいのが合気道の杖術なのです。産毘(結び)の技とも伝わります。

 

<初段取得までに修める杖術>

主な型(各々組杖也 単一技に非ず)

舩戸之杖の一部

・基本杖三種

・基本形八方

・基本形八方相互突き(攻守)

・舩戸之八車

・天空地輪

・荒磯

・荒磯鍛錬組手(攻守)

・一桃(攻守)

・二桃(攻守)

※二段以降では舩戸之杖の後半から神武津美之杖まで修めて往きます。
さらに技量が求められ技を深めます。

 

ー高松武産合氣會ー


>> 合気の剣へ

>> 武器技へ

>> 合気道 稽古次第