当会稽古における武漢疫禍対策

武漢肺炎(熱)への大幅な配慮が未だ必要とされる状態ではありますが、細かな感染予防策を導入しながら、合気道稽古を再開しています。

不幸中の幸いとも言えますが、当会は合気道でよくみられる体術だけではなく、一般には忘れられた合気の武器技を多数伝えています。元から当会合気道習得の条件となっており、体術と武器技を並行して修練してきました。そのため、まさに肌の触れ合う体術を一時的に休止しても、膨大な武器技群の履修を先行するということが可能になります。なぜと云えば合氣之剣、合氣之杖、二刀術は合氣の体技に直接つながり、体術のみでは分からない体の使い方を深く知ることができるからです。

秋には体術の再開を予定していますが、当面は合氣の武器技を先に堪能してもらうことになります。

これらのことを御理解頂いた上で、稽古にご参加ください。体験稽古に御来場の方も合氣の剣や杖を楽しんでもらえれば幸いです。なお当会では見学のみの方はお断りしております。


/武産合氣會

 

 

 

 

令和2年7~8月稽古

令和2年7-8の合気道稽古予定 高松道場
一般・児童稽古
【通常 高松市立総合体育館(高松総体)】午前9:30~11:00(小学生は9:30~10:30)

7月
 5
日 国分寺B&G体育館
12日 高松市総体3階 第2武道場
19日 高松市総体3階 第2武道場
26日 高松市総体3階 第2武道場

8月
 2
日 高松市総体3階 第2武道場
 9日 高松市総体3階 第2武道場
16日 休場
23日 高松市総体3階 第2武道場
30日 高松市総体3階 第2武道場.
.

※体験稽古は無料ですが、見学のみの場合は¥1000円申受けます。


高松武産合氣會

 

 

「凛として愛」真実の日本人

大東亜戦争(米国側からは太平洋戦争と云う)は有史以来日本人が初めて大負けした戦争でした。この戦争に突入した経緯も、なぜ負けたかも、多くの検証がなされています。今思えば悔しい失敗も愚かな行動も沢山あります。それでもなお日本は輝かしい歩みを続けてきたと断言できます。

大東亜戦争で米国との国力差は厳然としてあったにせよ、決して負けるべき闘いではありませんでした。 およそ80年前、当時の世界は欧米諸国によってアジアの殆どが植民地や準植民地として領有され、日本以外のアジア・アフリカ人の殆どに自治権が無かった時代です。欧米から見て東洋人は人間ではなかったわけです。

その状況を自ら血を流して変えたのが我々の祖先です。日本人は自国に自信を持たねばなりません。先人の歩みをしっかりと理解することで、現代を前を向いて生きていくことができるはずです。日本の歴史は他国のように嘘で固める必要は全くなく、正直に全てを晒せばよいだけ、よく知らない人も虚心坦懐に勉強してください。きっと熱い思いを抱けるそしてこの平和を築いてくれた先人に感謝し、敗戦前後に生じた歪を直しこの国を正常な国に戻す努力をしてくれると信じています。

泉水隆一監督作品「凛として愛」鑑賞下さい。


<武産合氣會>

 

令和2年前期 合氣道 事始め

事始めの会(合気道 初心者 体験会)案内


●開催場所
高松市立総合体育館 3階 第2武道場

●開催日程
新春、春期、秋期に複数回開催します。開催日は下記予約ページを参照下さい。それ以外の時期でも月1~2回程度は開催しています。御不明な場合は問合せ下さい。

●体験時間
〉高松:日曜 午前9時半~終了12時頃(小中学生は10時45分頃まで)

●対象
/高松道場
〉小学(幼稚園年中・年長も可)以上の学生及び一般社会人


●催行人数/ 1名~可

●服装/ 運動しやすい長ズボンと半袖のTシャツ(道衣持込可)

●費用/ 体験稽古 無料 (見学のみの場合は¥1000円)

●留意事項/ 体験希望の方は下の予約ページに必要事項入力下さい。
 体験稽古は無料ですが、見学のみの場合は¥1000円を申受けます。質問はこちら

※高松道場は駐車場が混雑する場合があるので、車でお越しの際は9時までに体育館駐車場へ入場下さい。

高松の日程確認と予約はこちら RESERVA予約システムから予約する


丸亀道場はこちらを確認下さい 

ー 高松武産合氣會 ー


道場再開のお知らせ

道場を6月から再開します。

当面は武器技のみの稽古になりますが、当会では通常稽古でも半分程度は合気の武器稽古ですので、丁度武器に集中できる良い機会となります。

なお、体験稽古の受け入れは6月の後半からを予定しています。希望者は合氣道体験予約ページから予約登録下さい。

<武産合氣會>

道場再開時期の見通し

道場再開時期は今のところ見通せません。

非常事態宣言の解除が一つの目安ですが、解除後に正式な道場再開日を案内します。

会員各位にはその間、伝・操書を配信し当会合氣道への造詣を深めて頂いております。もし会員又は休会中の方で案内不達の方は当会へ御連絡下さい。

<武産合氣會>