呼吸法

合気道 呼吸法 <武産合氣會>

 

呼吸法、つまり息をする方法にも作法があります。

人は普段、意識することもなく自然に息をしている気になっています。その吐いて吸うだけのことにこれだけの作法、手法があるのかと驚く向きもありますが、神道の行法由来を中心にした古武術の系譜が主になります。それから会主が合気道開祖植芝盛平翁に出会い開眼する前は空手家でもあったことから空手の呼吸まで、上級になるほど、意識せざるを得ない「イ・キ」の稽古があります。氣を出すにも、読むにも、吸収し、操作するにも己の「イ・キ」の制御が枢要になります。

ここでは神道行法由来の呼吸からその一端を示すにとどめます。

表裏氣吹

活魂

阿吽之呼吸

魂振

心鼓之呼吸

たまふねの術

たまふりの法

乙中甲伝

御柱伝

等・・・

 

 

 

― 武産合氣會 ―



➡ 体術へ

➡ 武器技へ

➡ 合気の剣へ

➡ 合気の杖へ

➡ 合気ニ刀術

➡ 合気道 稽古次第

.

.